【材料費300円以下!】段ボールとつっぱり棒で棚をDIY

材料費なんと300円以下!✨

安いのに丈夫なうえ、簡単!

我が家のトイレにプチDIYした
こちら↓の棚のつくり方をご紹介します。

段ボール棚
設置して3年強。トイレットペーパー18個置いても全然平気。一度も落ちたことはありません。

 

材料
 ・つっぱり棒(~90cm) × 2本
   ※100均で購入
 ・カット済みの段ボール(W72×D26cm)  × 4枚
   ※廃棄するはずのものなので0円♪
 ・リメイクシート(45×90cm) × 1枚
   ※100均で購入
 ・木工用ボンド、またはガムテープ

※つっぱり棒と段ボールは、設置したい場所に合わせてサイズを調整してください。

 

<手順1> 段ボールをボンドで4枚張り合わせ、棚板をつくる

私は家具を注文したときの、硬めな段ボールを使いました。
(※折り目などはないものがオススメ)

段ボールをカットしたときに出たゴミを、刷毛代わりにしてボンドを伸ばします。
※結構まだらでも大丈夫!

こうすることで、強度がアップ!作業効率もアップ!
やらないと、後々大変ですよ。。。

ボンドがないよ!という方は、ガムテープなどで巻いて4枚を固定してください。

 

<手順2> 上から重いもの(辞書や本など)を載せて、ボンドを乾かす

※ガムテープなどで巻いたひとは飛ばしてください。

これ、なんでボンドで固定すんの? 最初からテープでよくない?
って思う方もいるかと思いますが、

リメイクシートって弱粘すぎて、
紙ガムテープの表面とかだと、つるつるしてるから、
経年で剥がれてきやすいんですよね。

ずぼらな私は、一度設置したら、なかなかリニューアルしないので、
こういうところはきちんとやる。笑

だって、リメイクシートだって100円で買ってるんだもん、もったいない。笑

ちなみに、お持ちの方は、こういう木工用のクリップなどで端を留めておくのがオススメです。

 


 

 

<手順4> リメイクシートを貼る

本当は全面貼った方がキレイなんだろうけど、
なんせ私は、ずぼらママ!笑

この高さで設置したら、下は子供しか見ないんじゃない?じゃ、別にいっか。

と、いうわけで、
裏面には、リメイクシートを貼らないで済ませました。笑

 

<手順5>つっぱり棒2本の上に、手順4の棚板を置いて・・・完成!!✨

なんということでしょう・・・。

作業時間、わずか15分程度で、できてしまいました。
(とはいっても、ボンドの乾き待ちで2時間くらい間あいたけど💦)

大人の身長では、おへそあたりの高さに設置したので、裏は見えません。

下から見た図
段ボールを4枚重ねることで強度UPするし、一見、木の板に見えるような厚さがポイント!

 

左の壁の配管が邪魔で、微妙な隙間が空いているけど、気にしない、気にしない(笑)

このコスパには満足しております。

 

段ボールをL字にするっていうことも考えたけど、ここはもうコレでいいんです。

今度もし、どうしてもL字じゃないといけない場所があったら、
挑戦してみようと思います。

良かったら皆さんも参考にしてみてくださいね。

コメントを残す